嫌いだった人から一転、親友になりました。

best-friend-was-a-hate-people11

会社に気の合わない人がいて話をする事も無く、接点が殆んど無かった人がいました。

別に喧嘩をした訳ではないのですが、側にいても話をせずにその場をやり過ごしていましたし、飲み会でも喋る事が無く限りなく無口でいたので、ひょっとすると嫌いなのかなと思い、なるべくその人との接点は避けて過ごしていました。

多分、以心伝心で相手の方にも伝わり同じ思いだったのかも知れないです。

そういう関係がしばらく続いたのですが、ある日の事です。

飲み会があり会社の同僚達と食事に行き、皆さんで盛り上がったのですが、その後2件、3件とカラオケに行ったり喫茶店に入ったりして、皆さんで、はしごをして遊んでいました。

そこで、ふっと気が付いたのですが、いつも持っているハズの携帯が無くなっていたんです。

カバンを見ても入っている様子も無いですし、ズボンのポケットを見ても無く、服のポケットにも入っていません。

ひょっとすると、前の店で落としたのかなと思い、みんなで行ったのですが、聞いてみても落とした様子が無く預かっていないと言う事でした。

そこで店を出て、その前の店に聞きに行こうとしたのですが、一人だけメンバーが足りなく、あの喋らない男が居ないんです。

探しても見当たらなく、どこへ行ったんだろうと思っていました。

best-friend-was-a-hate-people2

すると遠くから走ってきて、
「あったよ」と携帯を差し出してくれました。

わざわざ、前の店にまで行って携帯を探してくれて取って来てくれたのです。

凄く嬉しかったですし、そこまでやってくれるとは思っていなかったので、感謝しましたし、その出来事があり、一気に距離が縮まり親友になりました。

始めは、あまり喋らなかったので変な先入観から線を引いてしまって、接点が無いように思い過ごしていましたが、相手も同じように、どうやって話しかければ良いんだろうと思っていたみたいです。

人を変な先入観から避けては行けないと思いましたし、見た目で判断してはいけないと思いました。

きっかけが導いてくれて、今では、お互いの家を行ったり来たりする大親友です。

スポンサーリンク