自分自身にできることと、立場によってできること

can-be-yourself1

can-be-yourself2

最初に勤めた会社の社長は、元は有名大企業の社長秘書をしていた人でした。

辞めた理由を聞いたら、
「色々あるけど、一つは、周りが社長に話をつけてもらおうとして私をチヤホヤしてくるのが、もううんざりだったから」と言っていました。

「自分の力で働ける今の方がずっと気楽よ」と。

別に、ちやほやされたって応じなければいいだけなんだから、気にしなくて良かったんじゃ…と、その時は思っていました。

そして今の職場では、私自身が高位役職者の秘書のような仕事をすることになりました。ただの事務員ですが、私よりもはるかに役職が上の人よりも、トップの方々に近い立場で働いています。

私が初めてこの職場に来た時には、その立場を利用し尽くす、モンスターと化した先輩事務員がいました。彼女は初めての職場がここで、最初からトップの人の秘書的な立場だったそうです。

あの社長が
「うんざり」と感じた状況を、先輩は大いに満喫し、
「女帝」と異名を取っていました。

すべての人が彼女の顔色をうかがい、彼女自身に付け届けを怠らず、彼女の公私混同もたかり行為も見て見ぬふり。そんな状況が40年続いているのだと、同僚が疲れ果てた顔で言っていました。

私たちにできるのは、女帝の暴走を少しでも抑えることだけでした。最終的には先輩は、定年というどうしようもない事態で去っていきましたが。

can-be-yourself11

そしていきなり、今度は私がチヤホヤされる立場になっていきました。

ごく普通に話すだけの相手が、私と親しいと吹聴することで他の人を牽制していたり。何年も前から親しくしていた相手が、ある意味、将来への投資だと思ってそうしていたことに、ある日気づいたり。

淡々と仕事をしたいだけの人間には、疲れる状況です。

私程度の立場でもこんな風なんだから、大企業の社長秘書をしていたあの社長は、もっともっと嫌な思いをしていたのだと悟りました。

立場を利用して
「トラの威を借る」のは、人脈を活用することとはまったく違います。

自分に取り入ろうとする人たちに囲まれても自分を見失わずにいるためには、あの社長のように、
「自分だけの力でできること」を見極めたうえで人と交わるべきだと、肝に銘じています。

スポンサーリンク