関心を持ったものは、自然に自分に近づいてくる!

COME-TO-MYSELF01

come-to-myself022

日常の生活の中で、ふと何かに関心や興味を持つことがありますよね。だいたいは心を寄せてもすぐに忘れてしまうものです。

それがしばらくして、例えば本屋で見かけた雑誌の特集になっていたり、友人や家族の口から話されたりしたことはありませんか?

もちろん、そんな雑誌は、自分が関心を持つ前から店頭に並んでいて、自分が無意識にそれを見て、時間が経ってから思い出して関心を持ったと錯覚したのかもしれませんし、そもそも、自分が関心を寄せるものを他の人が関心をもつことも、よくあることです。

でもそれらを差し引いても、自分が関心を持ったものが自分に近づいてくる感覚を味わったことはありませんか?

この世界には、そんな流れ、というか、風が吹いているというか、とにかく関心を持ったものは自分に近づいてくる。少なくても、こちらを向いてくる、と思わずにいられないことがあるのです。

実はそんな流れや風が、自分や世界を作っていると考えたらどうでしょう。

COME-TO-MYSELF011

自分がやりたいことや欲しいものは、純粋な関心を寄せていれば、あちらからも近づいてくると思っていれば、前向きな気持ちになりませんか?

逆に、嫌な事や嫌な人のことは、頭を切りかえて必要な時以外は、心の中に入れないのです。近づいてきたら困るでしょう。

実は私、こんなことを文章にして誰かに読んでもらいたいと、ずっと心に思ってたんです。

そしたら、それを書く機会が私の手に届いたんです。すごいでしょう!

スポンサーリンク