子育てで、経験して悪い事はないものですね。

experience-of-child-rearing1

experience-of-child-rearing22

2人目を出産してから、私の人生は勉強する事が多くなりました。息子は、産まれた時から敏感過ぎて、眠れない、極度の潔癖症、奇声をあげる等、とても大変な子育てを強いられました。3歳の時に、とうとう自分の力では限界を感じて病院に行き、医療センターで全身の検査を行い、原因を調べました。

結果は、IQが高すぎて、実年齢と脳年齢にギャップが起きてしまい、脳がパニックを起こしている事が分かりました。発達障害はなく、実年齢が上がっていけば落ち着く、と言われました。

それから、小児精神科に4年間通院しました。子どもと接する仕事をしていて、3人の子どもを持つ母親なのに、医師から教えられる事は、目からウロコの出る事ばかりでした。

1番印象に残っているお話は、
「どんなに周囲がなんとかしようと知恵を絞っても、子ども本人が、今ある事を乗り越えようと思わない限り、無理なんです。ゆっくりあせらずに待ってあげる事が大切です。」と教えられました。これは、どんな子どもにでも当てはまり、私の子育てや仕事に大きく役立つものとなりました。

experience-of-child-rearing11

息子の為に、自分自身の為に、疑問がある時は、本を読んだりネットで調べ、知識を増やして今出来る事が何なのかを考えて行動しました。

客観的に子どもを見て、理性を持った子育てが出来る様になったのも、息子と医師からの教えがあったからです。

お陰で、器の大きな人間に、自分が育った気がします。辛かったですが、感謝していますよ。

スポンサーリンク