無料回収のうたい文句でどうやら詐欺に遭ってしまったようです

free-recovery-scam11

先日パソコンのプリンターが壊れてしまいました。

買い換えのため電器屋さんに行ったところ、意外なほど安価で良いプリンターを手に入れることができました。

ついでに実家の年季の入ってたプリンターの調子も悪くなっていたのでそちらも買い替えることにしました。

ところで、プリンターってどう処分したら良いんだろう?そう思っていたちょうどその日、示し合わせたかのように一枚のチラシがポストに入りました。

そのチラシには
「無料」の文字が。

何が無料かと言うと、粗大ゴミや使わなくなった家電の引き取りが無料だったのです。

ナイスタイミング!じゃあ実家のも一緒に出してあげよう、だって無料なんだもの!私は得意げに
「古いプリンターはうちのと一緒に棄てるよーついでだから」と母に言い、両親に感謝され、鼻歌交じりで実家から持ち帰ってきました。

私は本来こんな面倒なことは率先してやらない方なのですが、もう両親も若くないし面倒なことはそろそろ私がやりましょうという気持ちもありました。

でも強く背中を押してくれたのは
「無料」のチラシ。

早速この業者に電話をしました。

引き取って欲しい品物や氏名、住所などを聞かれるがままに伝えました。

この時、電話口の女性の接客業とは思えない無愛想な話し方や気の利かなさがちょっと気になりましたが、気のせいかな?私もおばさんになったから腹が立つようになったのかな?と思ってそのまま電話を切りました。

free-recovery-scam12

回収日当日、運悪く私は体調がとても悪く寝込んでいました。

高校生の息子に
「業者が来るから、このプリンターを二台渡しておいて」とだけ言って私は寝室で寝ていました。

しばらく経つと家のチャイムが鳴り、玄関でやりとりする声が聞こえます。

ああ、持って行ってくれた。

とホッとしてまた眠りに就こうとすると、寝室のドアを息子がノックしてきました。
「お母さん、二千円だって」は?そんな話は一切聞いていませんし、チラシにも載っていなかったはずです。

チラシを探しました。

ない・・そうだ、今日ゴミの日で捨てたんだった・・・。

私はすぐに玄関に向かい、
「料金がかかる話は電話で聞いていないです。料金がかかるなら結構ですので置いて行ってください」と業者に言いました。

すると業者は
「いえ、もう積み込みましたし、領収書にサインももらってますから」と紙を差し出しニヤニヤしてきました。

そこには息子の字でサインが書かれていました。

自分の息子ならその場で
「勝手にサインするな!」と言えたのですが、彼は夫の息子なので言えませんでした。

そこからは業者とのバトルの始まりでした。

息子は未成年だということも忘れ、サインをちらつかされるので仕方なくお金を払ってしまいました。
「普通はいくらくらいかかりますって電話した時点で言いますよね?」と苦情を言うと、
「いや、あなたおかしいですよー。たとえばー引っ越しする時に無料で荷物引き取ってくれるとこなんてありますぅ?」
「たとえばー冷蔵庫棄てようと業者に頼んでぇー」と目先を変えようといろんなたとえ話を使って応戦してきました。

今はそんな話をしていないと言ってもまた
「たとえばー」が始まるというのを3ループくらいしてきたので、
「もうそういうのいいですから。なんで先にお金がかかると言わないんですか?先に言うように電話の人に伝えてくださいって言ってるんです。もういいです」とお引き取り願いました。

息子にはお金に関わる事には勝手にサインしないこと。

分からないことは先に親に確認することを話しましたが、とっても後味の悪い出来事となってしまいました。

『ゴミを出すなら自治体で。』を痛い思いをして学びました。

スポンサーリンク