盲導犬に対する理解の無さに驚きました

guide-dog11

先日盲導犬協会の活動を駅前でしているのを見かけました。

それまでも、募金箱などを見つけると心ばかりの募金をさせていただいていましたが、その日はグッズなどを販売していたので、またまた心ばかりでしたが、少し購入させていただき、活動の応援をさせていただきましたそして、ふと思い出したのが、盲導犬に対する嫌がらせがかなり多いという話でした。

インターネットなどで調べてみると、山のような事例が出てきて、目を疑いました。

あまり目のあたりのすることのない盲導犬ですが、過去に数回見たことがあります。

とても静かでかわいらしく、またしっかりとした足取りと顔つきで、ユーザーの方を先導している様子に胸が熱くなったものでした。

なんて健気で頼もしい存在なのだろうと、いつも思っていました。

それが、巷には嫌がらせをする人が多いと聞いて、本当にショックを受けました。

guide-dog12

なぜそんなことが起きるのか、理解に苦しみます。

しかし、世の中には大した意味もなく人を傷つける人がいるように、動物にもしかりだと思います。

そのため、我々周囲の人間ができることは、もし盲導犬やそのユーザーの方をお見かけしたら、周囲に危険がないか、気を配って差し上げることではないかと思いました。

そして、自分自身は必ずそれを実行しようと心に決めています。

できることは限られていますが、犬も人間も一生懸命生きている人を心から応援する輪がどんどん広がってくれたら、と心から願わずにはいられません。

スポンサーリンク