他人の親切を受けて、今度は自分から困っている方に声をかけてみようと思いました。

kindness-from-others1

kindness-from-others2

貧血体質なので、外出中にふらりと来ることがよくあります。

先日駅のホームでのこと。電車を待っていたところ、ふらりと来ました。

「ああ、だめだ」と思い、徐々に白くなる視界の中に椅子がないかを探しましたが見当たりません。

仕方なく、自動販売機にもたれていたところ、
「大丈夫ですか」と声をかけてくれる方がいました。

顔を上げてみると、男子高校生でした。

申し訳なかったのですが、そのときの私にはそれにこたえる余裕がありませんでした。

手振りで
「大丈夫」というと、男子高校生は納得したような顔でどこかに行ってしまいました。

ところがしばらくして彼がポカリスエットを持ってやってきました。

「これ、どうぞ」と私にくれたのです。

私は思わず受け取ったものの、あまりにびっくりしてとっさに
「ありがとう」の一言が出ませんでした。

kindness-from-others11

今でも、どうしてあのときちゃんとお礼を言えなかったのか悔やんでいます。

私は他人にこれほどわかりやすい親切をされたことがありませんでした。なので、このときは感動するとともに、とてもあたたかい気持ちになれました。

私はそれまで、街中で
「あの人、困っているんだろうなあ」と思っても、有難迷惑かもしれないしと思い、なかなか自分から声をかけることはできていませんでした。

でも、他人からの親切を迷惑に感じる人なんていないと、この経験から学びました。

今度自分が誰か困っている方を見つけたら、見て見ぬふりをせずに、ちゃんと声をかけてみようと思いました。

スポンサーリンク