スーパーで困っていた私に機転の利く子が救いの手を差し伸べてくれた

lifesaver12

lifesaver2

この日は、卵が安売りでした。
「お一人様一パックまで」なので、私は4才の息子を連れて買い物に行きました。私と息子で行けば卵を2パック、激安で買う事が出来るので、本心ではスーパーで騒いだり走り回ってしまう息子を夫に預けていきたかったのですが、連れていくことにしました。

いざ、スーパーでは、思った通り息子は大運動会をはじめてしまい、私はあたふたしながら必要最低限の食材と、卵2パックをかごに入れ、レジに向かいました。

息子にはあらかじめ、
「お金を払う時には、お母さんの近くにいてね」ときつく言い聞かせてありました。

でも、その息子は、おもちゃコーナーやキッズスペースの遊具に夢中。

もうすでにレジの列に並んでしまっている私は、呼びに行くこともできず、息子の姿は見えているのですが、大声で騒ぐわけにもいかず、大げさなジェスチャーをして読んでみるのですが、息子は全く気が付いていませんでした。

レジの番が私になってしまいました。かごの中には当然卵が2パック入っているのですが、レジにいるのは私だけ。レジの従業員は、
「お連れの方と一緒ですか」と、いかにも疑いの眼差しで私をなめまわすように見てきました。

その時です。レジをすませた人が商品を袋詰めするための棚の方から、女の子が近づいてきて、一言。

「ママ、あそこらへんで待ってるから。ビニール袋に入れるの、手伝ってあげるね。」と。

lifesaver11

レジの担当者の人は、
「大変失礼いたしました」と私に謝罪していましたが、私は唖然として言葉もでませんでした。

感謝の一言です。私の状況をどこかで見ていたのでしょうね。

お礼を言いたかったのですが、レジを終わった時にはその子はもういなくなっていました。

本当に機転の利くって、こういう事なんだとびっくりしました。

そして、あんなに咄嗟の判断でも行動できる子どもがいるなんて、本当に感心してしまいました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク