情けは人の為ならずとは本当にあると思った出来事

mercy-people11

「情けは人の為ならず」という言葉がありますが、その言葉は本当だなと思うことがありました。

仕事でよく飛行機に乗ることがあるのですが、ある時たまたま隣の席の人が体調が悪そうだったことがあります。

横になりたそうでしたが、飛行機の座席の上では思うように体が伸ばせず辛そうでした。

可哀想になって、私が他の席に移ってあげれば、この人はもう少しゆっくりと休めるかなと思い、スチュワーデスさんにその旨を申し出ました。

スチュワーデスさんはそのお客様の様子を見て納得し、別の席を探してくれたようで下が空いている席がなかったようです。

mercy-people12

しばらくして戻ってくると、私に向かって一緒に来るように、言いました。

言われた通りに自分の荷物をまとめてスチュワーデスさんと一緒に移動しました。

空席はなかったみたいだけど大丈夫かしら・・・と思い歩いて行くと、なんとビジネス席に案内してくれたのです。

ビジネス席に体調の悪い方を案内するわけにはいかないというわけで、私が移動させられることになったのですが、目的地まで快適にビジネス席で過ごすこととなりました。

体調の悪かった方もその後はゆっくりと休めたようですが、私は見返りを考えたわけではありませんが、まさに
「情けは人の為ならず」という言葉そのものだな・・・と思いました。

スポンサーリンク