今、世間で言われているモラハラの限度って・・・

mobbing1

mobbing11

芸能人の離婚騒動によって、急に浮上してきた、モラハラ問題。

この限度というか、範囲はどこまでなのでしょうか?と考えてしまいました。

例えば、私の場合は、仕事をしたいと夫に申し出た時に、幾つかの決まりを作られ、未だにその決まりを守っています。

仕事の内容の規制。仕事場は極力自宅である事。当時は子供の受検等の成長期にあったので、子供に迷惑の掛からない範囲。そして、家事を従来通りこなす事。でした。

子供も成人して、自宅を離れ、子供の問題がなくなった時点で、仕事は、自宅から外に出られるかと思ったのですが、それは、高齢に向かうから、無理をしてはいけないという理由によって、却下されて、従来通りの自宅での仕事と家事の両立ですが、自宅で仕事をするという事は、夫の帰宅までに仕事を終え、夕食が即、食べられる状態で無ければいけないという事で、正直、夕方はパニック状態に陥る事もしばしばで、これが本当に、私の希望する仕事の姿なのかと反発心も起こった事も数回ありました。

が、モラハラという表現を、我が家に置き換えて考えた時、一つの結論が出たのです。

mobbing12

夫は、私が外に出る事により、自分の知らない世界に集中していくのではないか。つまり、淋しがりやで、甘えん坊さんなのだと思うのです。

確かに、面倒臭い所も多々ある人で、時々、こんなはずじゃなかったと思う事もあるのですが、結婚とは、生活も環境も異なった経験をしている二人の他人の共同生活なのですから、面倒な面もあって当然と想えば、真面目に仕事をこなしながら、ムダ使いもしない夫も、きっと何か私に対しても、こんなはずじゃなかったと思いつつも、我慢してくれている面もあるのかもしれないと想えば、これで、十分幸せな生活をしているのだと思うようになりました。

モラハラという言葉も、妻や女性側の意見のみならず、男性側の意見も聞いて、判断する方が、良さそうな気がしつつ、テレビで、ゲストのモラハラコメントを聞いています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク