【ネガティブからの脱却】思考を変えたら、愚痴を言われなくなりました。

negative-change-thinking

類は友を呼ぶという言葉がありますが、確かに今自分の置かれている状況によって集まってくる人は違ってきます。

私の場合、比較的周りの人には恵まれている方だと思いますが、中にはいつも愚痴をこぼしている人がいます。

最初のうちはいろいろ聞いてあげるのですが、そのうちに愚痴を聞く方も疲れてきてしまい、聞いた後は自分のネガティブな気持ちになってしまい、家に帰ってからもそれを引きずってしまい、家族との関係も少し嫌な雰囲気になってしまいました。

私は人に会うたびに愚痴を聞かされることが続いたために、それを回避していくためにはどうすればよいのかを考えるようになりました。

Negative

私なりに出した答えは、その人の話に同調しないということです。

親身になって聞いてあげるのは良いことなのですが、同調してしまい、自分もその人に気持ちが巻き込まれてしまっては元も子もありません。

直接その愚痴を言ってくる人には気付かれないように、聞いても同調しないように心がけました。

右から左へではないですが、わかりにくいようにすぐに話を流すようにしました。

すると、いつのまにか相手も私に愚痴を言わなくなってきました。

私が何か悩み事がある時は、同じように悩み事がある人が寄ってくるということもわかりました。

スポンサーリンク