たまたま目に留まった新聞の広告から。

newspaper-advertising12

新聞の書籍の広告欄は、毎日必ずチェックするようにしています。

読みたい本の情報が毎日わかるので、私にとって、新聞広告は大事なツールです。

たまたまですが
「下半身動かぬセラピー犬シャネル」というタイトルと、可愛らしいラブラドールレトリバーの写真に目が留まりました。

短い紹介記事を読んでみると、
「殺処分になる運命だった犬たちがセラピー犬として患者さんの心を癒している」という内容のようです。

このシャネルという犬も、セラピー犬として活躍していたようなのですが、
「天国へ旅立った」という一文が気になってたまりません。

動画が見られるそうなので、紙面のQRコードを読み取り、さっそくYoutubeで、シャネルや、活躍しているセラピー犬たちの写真を見てみました。

突然、下半身が動かなくなるという運命に見舞われたシャネルですが、殺処分を免れて、病気に苦しむ患者さんに寄り添うセラピー犬として活躍していました。

仲間たちと一緒に、病に悩む人たちの心を癒していたシャネル。

newspaper-advertising1

動画の最後で、
「天国へ旅立った」の意味がわかり、涙が止まらなくなりました。

この記事に目を留めた日、そして、セラピー犬シャネルの存在と運命を知った日は、3月11日。

東日本大震災の日だったのです。

シャネルと同じようなセラピー犬が、東北のどこかで、今日も傷ついた人たちの心を癒しているかもしれません。

物言わぬ動物とも、きっと心の痛みを共有することができるのでしょう。

そんなことを考えさせられました。

スポンサーリンク