【スピリチュアルなメッセージ】偶然を必然として確認しながら生きてみる

spiritual-message11

何かもやもやする、失業や心病んだり、何か始めたいなど、人生の転機や人生の休息ともいえる時期には必ず図書館に行くことが増えます。

そして、スピリチュアルなものに興味を持ち、それらの本にとても心救われました。

へこむような出来事であっても、それは必ず意味があり、偶然は必然であるということが書かれており、後悔するようなことを体験したとしても、それらが何らかの形で今の自分を築き、血や肉になっているということを、頭だけでなく心からストンと納得できる内容のものが多いからです。

spiritual-message12

その中で、須藤元気さんのエッセイ本は読みやすく面白いだけでなく、私が求めていた答えや、教えを端的に記されている本です。

その本でさえ、偶然出会うのではなく、何かのメッセージとして必然的な出来事だと確認したり、なぜかこのお店に行きたいと思って行ってみたら、数日後に期限が切れるサービス券を持ち合わせていたなど、ラッキーなこともありました。

シンクロニシティを感じ、それを意識的に過ごしてみると面白い日常となります。

単純で平凡な日々というのが一番幸せで尊いこと、それを感謝できるような自分になることができてきて、そうすることによって気分良く過ごすことができ、家族にも優しく思いやりを持って前よりも接することができるようになりました。

スポンサーリンク