食は人を変える!食生活の切り替えで健康な体に変化

switching-of-diet1

switching-of-diet2

私は大学入学と同時に上京してから、ずっと一人暮らしの生活を送ってきました。

一人暮らしの中で最も乱れた部分は、食生活でした。

大学時代は毎日インスタントラーメンの生活で意識的に野菜を採ることはしませんでした。社会に出てからも、外食や弁当が多く、野菜はほとんど取らない生活が延々と続いていました。

そんな食生活ですから、当然のごとく、肥満になり、健康診断でも高血圧やコレステロール値などが高く、再検査の通知が毎年送られてきました。不健康については気にしていたのですが、特に気にせず過ごしました。

そんなある日、朝起きたら急に目眩がしたのです。

暫く起き上がれず、横になっていました。数時間してどうにか起き上がり、病院に直行しました。

医師から言われたことは、
「成人病の可能性があるので、食生活を見直し、適度な運動をするように」でした。

switching-of-diet11

それ以来、体調を崩しやすくなり、会社も休みがちになりました。仕事を休むと、給与も減ります。

これはヤバイ、と思い、インスタントラーメンや外食、弁当などは止めることにしました。

毎日、野菜と果物を食べるように心掛けました。野菜は白菜やホーレンソー、人参などが中心で、必ず煮込んで食べるようにしました。

食事の際に注意していたことは、野菜を初めに食べることです。自分の場合は、そうした方が消化が良くなりました。

野菜ばかりでなく、肉や魚も食べ、食事のバランスを取るようにしました。野菜を食事に取り入れるようになってから、目眩はしなくなり、体調もだいぶ改善しました。

食生活は健康の源なんだなと私は確信したのです。

その後、仕事を休むことも少なくなり、職場での人間関係も良好です。

スポンサーリンク