会話

スポンサーリンク
学びの体験談

病気になって初めて思う事、そして学んだ事

私は19歳の時に1型糖尿病になりました。 生活習慣や遺伝による2型糖尿病とは違い、主に20歳迄になりやすいというウィルスの突然変異からなるものです。 家系に糖尿病がいない私にとっては認める事ができません。 自分が悪く病気になるなら...
学びの体験談

家族といえど思いは言葉にしたほうが良い、ということを学びました。

私は最近、自分の思っていること、しようと思っていることを家族に否定されました。 そこで自分の中では「分かってくれるだろう、こういう言葉をかけてくれるはず」と勝手に期待をしていました。 しかし、そこでかけられた言葉は自分が想像していた...
学びの体験談

同年齢の精神的に強い友達から学んだこと

私には、同年齢のとても仲の良い友達がいます。 彼女は、とても私とは同い年とは思えないくらい、しっかりしていて精神的に強いです。 私が彼女に、旦那のことで相談したときに、とても良い助言をしてくれました。 旦那は、職場で仲の良い女性が...
学びの体験談

ご近所づきあいに煩わされたくないと思っていた昔の自分

私は幼いころから生まれ育った田舎が好きではありませんでした。 周りは山と田んぼに囲まれ、街に出るには車が必要。 大きくなるにしたがい、母たちが毎日井戸端会議をしているのを見ながら退屈しか感じないと思い、やたらと密な近所づきあいも苦手...
仕事の体験談

スカイプをやっていて気づいた自信過剰な人の対処

スカイプをやっていると、長時間話す機会が増え、常に通話した状態ということが増えてきました。 それで、よく起こるのが、討論です。 これがまた厄介で、仮に自分が間違っていたとしても、絶対に非を認めない人(友人)がいるわけです。 そして...
仕事の体験談

髪を切るだけがお仕事ではないのだそうです

20歳くらいの頃は人見知りな性格のせいで、美容室で何を話せばいいのか分からず気疲れしてしまう事がよくありました。 ある日初めて予約したサロンで、「担当する者に何かご希望はありますか?」と聞いていただいたときに、生意気にも「お喋りが苦手...
学びの体験談

たまには親の話に耳を傾けると思わぬ情報を持っているかもしれません。

私は両親と別居しているので休みに実家に帰ると、両親の近況を話す程度で会話の内容にあまり興味がないと思うと「ハイハイ」とから返事をしてしまう程度になってしまいます。 母親は、しっかり者でボケないようにといろんな人との会話をして情報交流を...
学びの体験談

祖父のおかげで、家族でもちつもたれつ、楽しい毎日を送っていきたいと思いました。

祖父が認知症になり、戸惑いの日々が続いています。 ずっと一緒に暮らしてきた大好きなおじいちゃんであり、また、私にとっては頼りになるおじいちゃんだったので、祖父の認知症がどんどんひどくなっていく様を見るのがとてもつらかったのですが、これ...
学びの体験談

家族だからこそコミュニケーションが大事

学校や会社など家の外では、挨拶から始まって他愛のない会話、報告・連絡・相談等に、かなり気を遣っているものです。 しかし、家の中となると、家の外で気を遣っている反動からか、挨拶すらろくにしなかったりしませんか。 私には、妻・母・会社員...
学びの体験談

超能力? 第六感? 兄弟シンパシー? 日常で感じた「不思議」な感覚。

皆さんは超能力や第六感を信じますか? 答えは聞くまでもありません。「信じない」、「信じていない」という方が大半だと思います。 「いいや、俺は(私は)信じているぞ!」。そう名乗り上げる方もいると思いますが、それはどこかで「信じてはいな...
学びの体験談

外見ばかり磨いてもダメだと気付いた30代

女性は特に、外見を磨こうとする人が多いです。 私も実際そうです。 少しでも可愛いと思われたい、魅力的になりたい、誰にも負けたくないなど、欲望のかたまりです。 確かに外見は磨けば磨く程綺麗になれますし、お化粧を勉強する程、より理想の...
仕事の体験談

理論武装よりも誠実に対応することが大事

私は先日職場の先輩に誘われてある飲み会に参加しました。 先輩からは、税金について知っている人がいたらいいという程度の内容でどんな人が集まるのかわからない状態で参加しましたが、結局のところ高所得者の節税についての話ということで落ち着きま...
学びの体験談

姑と仲良くなるには料理の話が一番です

姑と仲良くなるには料理の話が一番良いと思います。姑とは話がなく、ぎくしゃくしています。 夫がいないと気まずくて仕方ありません。結婚式でもめたり、今まで色々あった事もぎくしゃくする理由です。 私は姑が嫌いですし、できれば交流を持ちたくない...
スポンサーリンク