優しさ

スポンサーリンク
学びの体験談

情けは人の為ならずとは本当にあると思った出来事

「情けは人の為ならず」という言葉がありますが、その言葉は本当だなと思うことがありました。 仕事でよく飛行機に乗ることがあるのですが、ある時たまたま隣の席の人が体調が悪そうだったことがあります。 横になりたそうでしたが、飛行機の座席の...
仕事の体験談

小さな世界でバイトする私と、そこに訪れる小さな命

スーパーというのは人間の見本市のような場所で、様々な人がいます。 毎回同じ商品の場所を聞く人や、挙動不審な態度の人、小さな子供といっしょになって走り回る大人もいたりします。 スーパーは世界の縮図、とまで言ってしまうと言い過ぎの感が否...
学びの体験談

クリスマスの奇跡?良いことをすれば、絶対いい事がかえってくるよ!

あれは、数年前のクリスマスイブのことです。 前日から寝込んでいたのですが、息子のキラキラおめめには勝てずに、病気の体を奮い起こして、電車でクリスマスの買い物に出かけました。 その日の私は体調があまり良くなかったのですが、時間と時期の...
学びの体験談

たまたま目に留まった新聞の広告から。

新聞の書籍の広告欄は、毎日必ずチェックするようにしています。 読みたい本の情報が毎日わかるので、私にとって、新聞広告は大事なツールです。 たまたまですが「下半身動かぬセラピー犬シャネル」というタイトルと、可愛らしいラブラドールレトリ...
学びの体験談

苦しいときに気づかされたさりげないやさしさ。

私が体調を崩していたときのお話です。 当時は実家から離れた場所で、一人暮らしをしていました。なので私が高熱になったとき、誰かの援助もなく、一人でひっそりと家で休んでいました。 最初はすぐに収まるだろうと思っていましたが、一週間くらい...
学びの体験談

自分のことしか考えられない大人になってたことを女子大生の行動で教えられた話

私はそのころ職場まで電車とバスを乗り継いで通っていました。 バスを乗り継ぐ駅は大きな駅でたくさんのバスの起点の駅でした。起点でしたので、なにもなければ時刻どおりに出発するのが普通です。 なので、あまり深く考えずにいつも出社時刻にちょ...
学びの体験談

最愛の夫から学んだ人を助けることの意味

夫は普段から優しい人ですが、私以外の赤の他人にも自然にその優しさを発揮できる人です。 先日夫と2人でとあるお店へ入ろうとしたところで、ホームレスの男性が夫になにやら話しかけてきました。 私はその男性が何を言っているか聞こえなかったの...
仕事の体験談

薬局のレジで感じた真心と高次元のサービス

先日、大手ドラッグストアで使い捨てカイロを買いました。 その会計の際にお客様、こちらは貼るタイプですがこちらでよろしいでしょうかと確認を求められました。 使い捨てカイロには2種類のタイプがあり、貼るタイプのほかに昔ながらの貼らないタ...
学びの体験談

人生の一つの小さな山を乗り越え、思うこと

3年前、大切な家族を失いました。何の前触れもなく突然でした。 私は28年間の人生で初めて人が亡くなる瞬間に立ち会いました。 まだまだ若かった私は、人生は永遠に続くものであるかのように思っていましたが、それは大きな間違いでした。 そ...
スポンサーリンク