別れ

スポンサーリンク
学びの体験談

彼氏との別れが成長につながりました

今の私は結構客観的に物事を考えられるタイプだと思います。 けれど以前の私は全く反対のタイプでした。 嫌なことがあると、怒りで表現し回りが見えなくなってしまうという傾向にありました。 そして思うようにいかなかったり、自分の要望通りに...
学びの体験談

死に直面した親友から学んだ、生きるための覚悟

親友のAさんとは、かれこれ10年以上になる長いつきあいで、男女の友人ではあるが阿吽の呼吸と言われるぐらい、気持ちがつながっている仲でした。彼女は長くガンを患っていて、ここ最近になって、とうとう家で寝起きすることができなくなり、入院してしまい...
仕事の体験談

その人の生き方らしい最後を辿ることが分かった!

私の若い頃の職場には2人の先輩がいました。1人は仕事の能率は悪いものの良く働き、後輩の面倒をしっかりと見て誰にでも優しい先輩です。そしてもう1人は仕事の能力はあるのに面倒な仕事は周りに任せて、好きな後輩にはとてつもなく優しく、嫌いな後輩は苛め抜くそんな先輩でした。2人の先輩方に生まれた違いとは
仕事の体験談

空気を読むという事は?こんな私でも深く考える様になりました。

私は産まれて36年…恥ずかしながらあまり物事を深く考えて来ませんでした。 二十歳の時に母と死別して16年。 そもそも面倒な事が嫌で、仕事仲間もそうですが友達にでさえ深い付き合いを避けて来ました。 しかし、今から3年前に私が関東から...
学びの体験談

【逆転の発想】ハンカチは別れの贈り物なんかじゃない

昼下がりの地下鉄でのこと。 銀座からかしましいの一歩手前、賑やかで元気な老婦人グループが乗り込んできました。 六~七人だったかのそのグループはお互いあちこちと見回りながら席を見つけ、それぞれ何人かずつ並びあって向かい合わせのシートに...
仕事の体験談

恋敵?に刺されるのではないかと思った話

大学在学時から社会人になりたてのころまで数年間お付き合いしている男性がいました。 長年彼とずっと一緒にいた事で、お互いに飽きてしまったような感情が芽生え、気持ちのすれ違いも多くなり、話し合った結果別れることになりました。 二人共まだ...
学びの体験談

高学歴で都会的な人と出会って思うこと。

職場の上司からSNSに招待されたのがきっかけで、SNSのオフ会で知り合った人と付き合うことになりました。 都会的で、帰国子女で、高学歴で物事の見方がクリティカルで一緒にいると勉強になりました。 会社が近かったのもあり、知り合って割と...
学びの体験談

寝たきりの祖父が言葉と笑顔を取り戻すまで

物心がついた時には、私の母方の祖父は人工透析を行っていました。腎臓の働きが悪く老廃物をコントロールできなくなったので、機械によって血液をろ過していたのです。 しかし通院をしているようには見えないほど元気で、帰省する度に祖父の運転する車...
学びの体験談

自分自身の母親が死んで初めてわかったこと

私は若い頃、知人の家族が亡くなった場合の、葬儀参列の意味がわからず極力避けて生きていました。 知らない人が死んで悲しいはずがないのに行くなんて、逆に失礼だとすら思っていました。 そんなある日、母が亡くなりました。 父は私が小さい頃...
学びの体験談

「face to face!」今だからこそ大切にしたい

今の時代は、パソコンやスマフォの普及により、いつ、どこでも、誰とでもつながることができ、気軽に連絡が取れるようになりましたよね。 電話や手紙しかなかった時代は、待ち合わせするにも一苦労。 ひとたび家を出てしまうと連絡がとれなくてすれ...
学びの体験談

一生懸命生きていくことに気づかせてくれた祖父

3年前、祖父が亡くなりました。 70代だったので今の時代ではまだ若い死だとは思いますが、祖父は50歳で病気で倒れてから20年以上、よく頑張っていたと思います。 私は小さい頃から祖父が大好きで、親が共働きだったのもあってか夏休みや冬休...
学びの体験談

人生の一つの小さな山を乗り越え、思うこと

3年前、大切な家族を失いました。何の前触れもなく突然でした。 私は28年間の人生で初めて人が亡くなる瞬間に立ち会いました。 まだまだ若かった私は、人生は永遠に続くものであるかのように思っていましたが、それは大きな間違いでした。 そ...
学びの体験談

結婚を決める前にやっておきたいことの1つ

私の高校の時の友達に、背も高く、すらっとしたキレイな女の子がいました。彼女は社会人の彼氏がいて、大人っぽい雰囲気でした。 卒業後、学校の夏休み中に帰省することになり、その友達に連絡したところ、もうすぐ結婚するから、相手を紹介するので、...
学びの体験談

父親を亡くす体験をし深く考えるようになった

わたしが深く考えることになった体験は父親の死でした。 わたしの父親はわたしが30歳の時に亡くなりました。その時父親は55歳でした。 まだ若く死ぬはずのないと思っていた父親が亡くなってしまったという体験はわたしが深く考えることになりま...
学びの体験談

15年間を共に過ごしてきた愛犬の死に直面して感じたこと。

最近、15年間を共に過ごした愛犬、くきこが亡くなりました。 くきこと出会ったのは私が幼稚園の頃、母から電話が来ました。 「犬を拾ったから今から連れて帰るね。」と。 その頃はあまり理解できなくて4つ年上の姉と母の帰りを待っていました。 ...
スポンサーリンク