テニスと仕事をはかりにかけて わたしは!

tennis-and-work11

ある大手企業に勤めています。

世間では誰でも知っている企業です。

50歳代ですので、これから会社に残って、最後は平の取締り役にでもなれました。

しかし、それには他の部署への移動、他の支店への移動も経験しなければなりませんでした。

わたしは、そのステップともいうべき転勤を辞退しました。

よって、わたしのすぐ下の課長が代わりに転勤しました。

私に対する見せしめもあるのでしょうか、すぐにわたしと同じ肩書きになり、取締役になるのも確実視されています。

私の代わりに転勤した元部下もテニスフリークです。

彼からのメールで、こちらでもテニスをはじめました。テニスのおかげで、知らない土地でも仕事以外との人と知り合う事か出来ました。と報告がありました。

tennis-and-work12

わたしは思うに、なにか一つでも秀でたものを持っていれば、どこへ行っても、例え外国でも、人とふれあうことは可能ではないかと思います。

わたしは今の環境、今のメンバー、でテニスを極めたいと思いました。

あと何年現役でテニスができるのかなと考えた時、決断しました。

今いるこの地区で大会、トーナメントにでて、もちろん優勝を狙い、そのために練習を積んで、そしてその練習時間をつくるために、日々の生活を、メリハリのあるものにしていくつもりであります。

スポンサーリンク