いろいろあって転職したのに、また試練。

the-ordeal1

the-ordeal11

主人がいろいろあって、やっとやり直しをかけて転職したのに、就職して1年半たったある日のことです。

主人がとても早く帰宅しました。

そして一言
「会社だめかもしれない」本日1回目の不渡りを出したとのこと。

数日後に2回目の不渡りを出すと、それで破産です。

それからは、差し押さえられる前に、資材等を取りに来ようとする取引先の人たちとの戦い。社員は、交代で24時間体制で、資材や機械の保守をしました。

レンタルで出しているものを回収したり、毎日忙しく…。

とうとう運命の日。

朝、社長が出勤せず、社員が自宅を見に行くと、もういません。

逃げたんです。

社長のいないまま、倒産。給与も払われず、いろいろな残務整理だけが残っていました。あとは管財人が処理をしてくれて、3か月遅れぐらいで、給与の約7割程度が、国から支給されました。

the-ordeal2

子ども3人、とてもお金のかかる時期でしたので、大変でした。家のローン、生活費、光熱費、教育費、食費などなど。私のパートぐらいの収入では、焼き石に水です。

それでも、なんとか次の仕事を見つけてもらい、就職してもらいましたが、生活が楽になることはありませんでした。

40歳を過ぎてからの転職は、なかなか厳しいものです。

でも生活レベルの底辺を見てきたので、どんなことがあっても負けない気力ができました。

今でも生活は厳しいけど、人生何とかなるものです。

こんな経験、したくてもなかなかできないですよね。

スポンサーリンク