『老人会が消えた理由』高齢者の世界

the-world-of-the-elderly12

我が家がある町内自治会の組織から、長年続いた老人会という集団が、先日、幕を閉じたようです。

これから高齢者が増加する一方で、他の町内でも、老人会が消えていくようにも聞いて、私にはその理由が判りませんでした。

いずれは、我々夫婦も入会してみようと思っていました。老人会という組織は、場所によっても行事等は異なるようですが、我々の町内では、月に数回、コミュニテイルームでのお茶会や、音楽会、昼食会等をしていたようで、年一回、バス旅行も行っていたと聞き、面白そうに感じていました。

そんなおり閉鎖理由を聞く機会があり、
「へー、そーなんだ。」とちょっと、老人社会の現状を、かいま観た気分になったのです。

ご老人達にとっては、昼食会、音楽鑑賞やカラオケ等の行事は大変面白く、大歓迎らしいのですが、問題は行事終了後の、隣通しに座った人達の会話が原因でした。

the-world-of-the-elderly1

ご自分の隣や周囲の人達に、自分の子供が優秀な成績であり、有名企業に勤務している事の自慢や、お嫁さんの悪口があちこちで、いつ終わるのかと思うほど、延々と続く状態になってしまい、それらの会話に苦痛を感じる人が、次々と退会していくのだそうです。

その内、会員の減少の責任を一人の人だけに負わせるような発言も飛び出したりと、収集が付かなくなっての、解散劇だったようで、高齢者の我儘さも相当なものだと感じました。

老人会の責任者で、皆さんのまとめ役だった人は、悩んで、随分痩せたと苦笑されていました。

これからの高齢者の増加に伴って、きっとまだまだ、高齢者は高齢者の世界でのバトルが続けられそうで、このような状態の我が町内の改善策は見つからないものなのかと、つくづく考えさせられる課題でした。

スポンサーリンク