理論武装よりも誠実に対応することが大事

theory-armed-sincere01

theory-armed-sincere2

私は先日職場の先輩に誘われてある飲み会に参加しました。

先輩からは、税金について知っている人がいたらいいという程度の内容でどんな人が集まるのかわからない状態で参加しましたが、結局のところ高所得者の節税についての話ということで落ち着きました。

私は以前会計事務所の職員をしていた関係で節税については多くの関与先から相談を受けたり、実際に所長が行っていた節税手法も見てきていたため、それなりの見識をもっていました。

その飲み会でも全く初対面の方に対してもそれなりに見解を述べたり、別の方から意見を聞いたりもしました。

その際、これは節税として認められるかというかなりきわどい話になることが多く、大抵ケースバイケースと私自身も思いましたし、別の方もそのように思っているような、良くも悪くも一般的な見解にとどまるような中身の薄い話になっていることも多々ありました。

また、私自身の見解と参加者の見解が相違するということもほとんどなく、それはそれで悪くはないのかもしれませんが、相違がないと議論にならないというのもありました。

ただ、1点だけ、ある方がもし、税務調査官に説明を求められても理論武装さえきちんとできていれば問題ないという見解を述べたとき、私自身それではまずいと思いました。

その場で反論してもよかったのかもしれませんが、初対面ということもあって、それは控えましたが、そのとき考えたことを紹介いたします。

theory-armed-sincere1

確かに、仕事を行う上で、なぜこのように行ったかを合理的に説明できれば、ほとんどのことは問題ないはずです。

しかし、例えは悪いですが、不正をする際にそれを隠すために理論武装をすれば大丈夫かと言われればおそらくそれだけではまずいと思います。

理論武装をしていれば、合理的に説明をすることができます。

しかし、完璧な理論武装をすることはほとんど不可能です。

何かあやしいなと思われることがあれば、徹底的に調べられます。

徹底的に調べられた場合、どうしても隙を突かれることになります。

そのため、私自身は、理論武装して徹底抗戦をするというよりも、そもそも怪しまれることを回避するために、今回のケースでは、税務調査官に怪しまれないように誠実に対応するといったことのほうが重要なように思います。

といっても、理論武装は当然必要ですし、そもそも怪しいことはしないということができればそれに越したことはないと思います。

もちろん、ある方が理論武装さえできれば問題ないといったことも私の意図とは別のところにあったのかもしれないので真意はわかりませんが、それでも少し考えさせられる出来事ではありました。

スポンサーリンク