家族といえど思いは言葉にしたほうが良い、ということを学びました。

words-are-important11

私は最近、自分の思っていること、しようと思っていることを家族に否定されました。

そこで自分の中では
「分かってくれるだろう、こういう言葉をかけてくれるはず」と勝手に期待をしていました。

しかし、そこでかけられた言葉は自分が想像していた言葉と全く逆のものでした。

そこで少し言い争いになりますが、もう言っても無駄だ、この人たちには分からないと諦めます。

怒りも込み上げてきて、家族と離れて暮らしているので、なるべく連絡を取らずに距離を置いていました。

しかし、しばらく時間が経ち冷静になって考えてみると、自分はなぜこんな気持ちになっているのだろう?と分析してみました。

words-are-important12

すると、自分の正直な気持ちも伝えず、ただ分かってもらいたいという思いだけで話していた自分に気づきます。

そうやって気づいた時に、もう一度正直な気持ちを家族に伝えてみることにしました。

そして、勇気を出して伝えてみると
「そんな風に考えていたなんて全然分からなかった」と言われて、そこで初めて分かってもらうことができました。

そういった経験から、自分で勝手に期待をして分かってもらえない…と落ち込んむよりも
「分かってくれるはず」と最初から期待せずに、人は色んな意見や考えを持っていると受け入れた上で、自分の正直な気持ちを伝えていくことが大切なんだ、ということを学びました。

スポンサーリンク